情報システム代行

情報システム部門とは

田中写真情報システム部門のポジションは今や経営層に直結しており、企業経営に欠かせない役割を担うまでになっています。どの様な情報を収集し、どの様な情報にして経営判断に役立てていくべきかが情報システム部門の使命だと考えます。
情報システムの役割は企業規模には関係なく必要な機能です。お悩みの企業経営者の方は是非一度ご相談下さい。
弊社は情報システム室からスピンオフした会社であり、情報システム部門の機能と役割に関して独自の経験とノウハウで貴社の情報システムをサポートします。

情報システム室の役割

貴社の経営戦略に基づきICT予算の算出、予想される効果を策定します。
その資料をベースに経営判断頂き、取捨選択を行い実施すべきテーマを決めます。
立ち上げたプロジェクトは貴社ご担当部署と一緒に社員の代行として推進します。 定期報告と共に立ち上げたプロジェクトは必ず完了します。

(1)システムの企画・計画

  1. 経営・営業戦略に沿った情報システムの戦略企画を立案・要件定義を行う
  2. 各部門のヒアリング・業務分析を行い、全社的な業務プロセス改善を推進する
  3. 新技術・製品の導入検討・評価を行い、適切な社内IT環境の整備・維持を行う
  4. コンプライアンス・セキュリティ管理に対するマネージメントシステムを推進する

(2)システムの開発

  1. 戦略企画に基づくシステム設計と共に、適切な効果確認に向けた評価基準を規定する
  2. ユーザーの要求に応じたシステム概要設計、詳細設定等を行いプログラムを開発する
  3. 開発作業についてのドキュメントを整備する

(3)システムの運用

  1. 各定常処理の実行・監視・及び結果のチェックを行い、常に正確な情報を提供する
  2. マスターの登録、メンテナンスを行い、ユーザーが快適にシステムを利用できるようにする
  3. 各種データの保存・バックアップを行い、万一の際の早期復旧に備える
  4. システム稼動による効果の客観的評価を行い、改善点・問題点の再チェックを行う

(4)エンドユーザー支援

  1. エンドユーザーに対する運用指導・操作指導を行い、システムの円滑な利用を推進する
  2. 各部門へのヒアリングやインタビュー・会議への参加によりシステムニーズを収集する
  3. 情報の有効利用を促進する教育を行い、システムのコストメリットを最大限に引出す
  4. 情報の有効活用に活かせる最新環境を提供する
  5. 個人のパソコン活用の推進・各種トラブルへの対応を行う

(5)システムの庶務事項

  1. 全社的な情報投資に関する総コストを管理する
  2. 情報システム関連の消耗品の発注管理・在庫管理等を行う
  3. 情報システムに関する広報・啓蒙活動を行う

(6)渉外関連業務

  1. メーカー・ディーラー・SIベンダーとの折衝を行う
  2. 設備・回線業者との折衝を行う
  3. 取引先とのシステムに関わる部分の打合せや折衝を行う
このページの先頭に戻る

役割の確実な実行

情報システム部門の機能を貴社の企業文化、規模に合わせて実現いたします。
企業にはそれぞれの経営理念のもと、業務を行っており一概にテンプレートの様なものでは対応できません。
我々は企業の経営理念と文化を理解する期間(2ヵ月以上)を頂き適切な情報システムの機能を実行します。

クレシードは情報戦略の推進もセットでサポートします

下記の様な悩みは有りませんか?
弊社は専門担当だけのスキルでは無く、クレシード全社員で貴社の情報システム部門を代行します。

◆多様化する情報システム機器に社内スタッフがついて行けない

 →技術スキルの問題

◆人事ローテーションなどの管理上の問題が多い

 →人事政策上の問題

◆特殊技術者であるため部門が閉鎖的になりがちで経営マインドを共有できない

 →部門管理上の問題

代行の図

このページの先頭に戻る

推進力

社内プロジェクトは、良く止まります。
弊社は経営にわかり易く年間ICT予算計画から貴社の社員を巻き込みながら強く推進します。

 

このページの先頭に戻る

単なる派遣ではありません

代行 派遣 アウトソーシング
ロケーション 業務内容に応じ、貴社内及び弊社内 貴社内 委託先企業内
作業範囲 情報システム部門で発生する業務の全般(『情報システム部門の役割』に記述される全て) 事前に決定された作業範囲内のみ(運用・エンドユーザーサポート等) 基本的に運用及びサーバーメンテナンスのみ
勤務時間 業務遂行に必要な作業時間帯での勤務 作業の状況や有無に係わらず、契約時間内でのみ勤務 運用は契約時間帯で実施
サーバーメンテナンス等の付随作業は、一般的に業務時間外での実施
業務体制 担当スタッフの他、必要な各種スキルを持つスタッフが適宜バックアップ支援 契約派遣スタッフのみ 窓口営業の他、固定的な担当スタッフは無し
管理体制 担当スタッフについて、能力まで含めた管理&フォロー 基本的に出退勤状況のみ管理 業務の実施状況のみ管理
責任基準 代行業務範囲に於けるサポート組織体制トータルに対する契約 人一人に対する契約 請負業務に対する契約

 

このページの先頭に戻る