CRE-FIT【生産】®

土屋写真CRE-FIT(創造+適合)は、「造って合わせる」をコンセプトにした、お客様の要求に適応できるカスタマイズ可能な「デジタルものづくり」のための生産販売総合システムです。

CRE-FIT生産ロゴ

デジタルものづくりで、「人」を創造(育成)する経営へ

生産計画、生産統制および原価管理からなる生産管理を提供することはもちろんのこと、「5M」を使って人材の育成や能力の開発をサポートする仕組みを提供します。

豊富な機能をご用意しておりますので、標準導入でも運用して頂けます。

5Mによるデジタル管理

Man(人材育成、能力開発)
Money(収益改善、キャッシュフロー改善)
Material(部材のコスト分析、在庫低減)
Machine(設備の保全、有効活用)
Method(製造方法の改善、業務の改善)

最小単位でのデジタル管理を目指します。

私たちが提案するデジタルものづくりとは、最小単位でのデジタル管理です。つまり工場別、月別、部門別、品番別といった大きな単位ではなく、設備別、作業(工程)別、人別、日及び時間別、製番別といった細かい単位で管理することです。 このことにより、以下のことが実現できます。

1.ムリ/ムダ/ムラの削減

最小単位で管理することにより、単位ごとの利益とコストから
単位ごとの損益を算出することが可能となります。
ムリ/ムダ/ムラを損益分析によって見つけ出し改善を図ります。

 

各機能の連携により問題点を素早く見つけ出す
例えば、飛び込みや割り込みなどの生産計画を投入すると、設備の負荷や所要量を素早く計算し、日程計画のムラ、所要量のムリを見つけ出します。

2.先行付加価値管理

生産計画を立案すると、日程計画、手配計画に加えて、「利益計画」を算出します。予定で利益が出ないものは、実際でも利益が出し難いものです。利益のPDCA(過去管理)からPFCA(未来管理)に移行しましょう。

3.人材の能力向上のお手伝い

ひとりひとりのスキルアップを図るためには、明確な指標による評価が必要です。デジタルものづくりは、生産のあらゆる指標を金額に置き換えて評価するシステムです。「稼働率」などの曖昧な指標から、「金額」というシビアな指標を提供します。
CRE-FIT【生産】は、人材育成の手助けとなるシステムです。

このページの先頭に戻る

CRE-FIT【生産】だからできる自信の総合デジタル管理システム

充実した標準機能を使って、短期稼働を目指します。

生産計画支援 生産計画単位で損益を管理

生産計画の良し悪しが、工場のコストに大きく影響します。
生産計画は、ものづくりだけではなく利益も作っています。
工場の負荷と利益の面から生産計画をサポートします。

情報の一元管理 「問い合わせ」による現場の「ロス」を防ぐ

待つ・聞く・探すを削減します。特に「聞く」!
情報の一元化の不徹底により現場への問い合わせが増えていませんか?
「聞く」側と「聞かれる」側、両方の時間の損失を削減します。

混在管理を実現 製番MRP型に対応

標準品と特注品、見込み生産と受注生産の混在管理が可能です。
幅広い生産体系に対応します。

簡単便利 Excel形式で加工可能

ほとんどのデータがエクセル形式の出力機能を持っているので、データの集計・加工を簡単に行うことができます。

 

このページの先頭に戻る