ご挨拶

設立の想い

戸張社長写真 クレシード株式会社は、カネダ株式会社の情報関連グループ企業として1990年に設立・創業しました。 創業当時は、まだまだ汎用機やオフコンの時代であり、中堅・中小企業では、メーカー系のディーラーやベンダーによる基幹業務のシステム化が盛んな時代でもありました。そのような中で、ユーザーの立場から見ると、企業の経営者や現場と外部ベンダーとの感覚の違い、あるいは一般企業のビジネス常識とコンピューター業界の常識のずれを強く感じ、外部ベンダーとして開発して納品するという事では無く、徹底的にユーザーの立場に立って、導入目的がしっかり達成できるまでは責任を持って仕事をするプロ集団になろうという想いで、クレシードを設立しました。

コアビジネス

開業数年後に、設立の想いをより確実に事業のなかで実現してゆくために、「お客様満足」という基本テーマを設けて、表面的なキャッチコピーやスローガンではなく、本気で愚直に「お客様満足」を第一義に今日まで歩んでまいりました。
そして、「お客様満足」を提供するために、お客様の内部スタッフと同じ思いで技術スキルを活用するため「情報システム室」や「システム要員」の代行をビジネスの核として取組んでいます。
中堅・中小企業にあっては、社内に専門の情報部門や要員を抱える事は決して得策ではない場合も多く、一方、益々情報戦略の重要性は増しているのが現状です。
このようなニーズにお応えする「情報システムパートナー契約」(案件によっては月額1万円程度から)ですが、お陰様で、着実にお取引先様も増え、一度お取引頂いたお客様とは永いお付き合いをさせて頂いております。

このページの先頭に戻る

 

Be a best partner to advance together

私たちのシステム機器提案力・調達力、システム開発技術・ネットワーク構築・WEB開発技術など、すべてお客様の情報戦略実現のための道具と考えています。
この道具をお客様のために研鑽、駆使し、しかし技術に驕ることなく、お客様の情報戦略実現の良きパートナーとしてお客様の発展に貢献して、お客様に満足を提供し、私たちも共に前進・発展できるような 会社であり続けたいと、今後も努力してまります。
また弊社では、中期経営計画の策定にあたり、私たちの思いを込めて下記のクレシードスピリッツ12か条を制定しました。

クレシードスピリッツ

  • 代行精神で、お客様の社員の一員になり行動することができます。
  • 代行精神で、お客様のどんな些細なお困り事も見落としません。
  • 代行精神で、お客様の潜在要求を掘り起こし積極的に挑戦し続けます。
  • お客様視点で要求水準を常に超え、顧客満足を提供する事ができます。
  • お客様視点で物事を判断し、変化に強い現場力により迅速に提案・解決し、感動を与える事ができます。
  • お客様からのクレームを真摯に受けとめ、必ず解決します。
  • お客様の悩み・課題・問題点を共有し、幅広いサービスと即時対応で解決します。
  • お客様専任サポート体制によるきめ細かなサービスを提供します。
  • お客様の窓口となって情報システムにかかわるトータルソリューションを 提供します。
  • 迅速な対応でお客様に安心感を与え、実直な姿勢でお客様との確かな信頼関係ができています。
  • ひとつひとつの出会いを大切にして、絆となるように誠意を持って真剣に対応します。
  • 全社員が活き活きと仕事に取り組み、お客様に明るく元気に笑顔で接することができる会社です。
このページの先頭に戻る